· 

スポーツでケガをしたときの対処方法の一つとして

院長の小向です。

スポーツでケガをしたときの対処方法の一つをつぶやきます。

 

スポーツでケガをしたら、

 

1)発生機転

2)発生機序

 

の2つを明確にします。

 

 

1)発生機転

ケガをした瞬間のこと、ケガをした直接的な原因

2)発生機序

ケガをした背景・経緯・経過のこと、ケガをするまでのプロセス

 

 

この2つを明確にすると行うべき事が明らかになることへと近づきます。

 

 

これがとても大事です。

 

 

ケガをしたらまず何をすれば良いか。

ケガをしたら何をすると良いか。

 

 

道筋がはっきりするんですね。

 

 

これがとても大事です。

 

 

あいおい整骨院ではケガをしたらいきなり何かをするのでは無く、

 

 

まず発生機転と発生機序を把握します。

 

 

その後、適切な対応をします。

 

 

対応・施術を闇雲に行っても効果は少ないです。

 

 

あいおい整骨院は

 

1)発生機転:原因

2)発生機序:経過

 

の2つを明確にすることをモットーに13年間行ってきました。

 

これからも続けます。

 

 

スポーツでケガをしたら、

 

原因と経過を明らかにして適切に対応をする あいおい整骨院 をどうぞ。

 

 

.